事故にあってしまった場合修理・廃棄どっちがお得?

修理か廃車かで悩んだら何を基準に判断すればいい?

>

買い替えることにした時は

車両保険には入っていますか

その時に言われたのは、やはりハンドルの軸やフレームの歪みは修理しても今後安全に走行できるという保証はないということです。
こちらもそれは感じていたので、同意しました。
では、買い換えを選んだ場合はどうなるのでしょうか。
まずは車両保険の支給額を調べることになります。
筆者の場合はディーラーの担当者が直接保険会社と交渉してくれたので、詳しいいきさつはわかりませんが、10年乗った車にしてはそこそこの金額を頑張ってくれました。
車の時価にもよるので全額支給は難しいですが、買い替えの足しになるくらいの気持ちです。
任意保険に加入しない若者が多いと言われていますが、保険料の支払い時にはちょっとキツイなと思っても、いざ事故に遭った時には頼りになります。

車種によっては事故車でも買い手が

さらに、車両の廃車手続き後にするかどうかですが、これも損傷の具合によって変わります。
あまりの衝撃に鉄の塊のようになってしまった場合は、手続き後然るべき工場へということになるでしょう。
ただ、事故車専門のオークションというものも存在していて、そこでは取引額も車種によってはかなり高いこともあるそうです。
車として走らせることがなくても部品が欲しい業者などが買い付けに来ることもあると聞きました。
実際に人気の車種であれば、年式が古くても100万近い値が付くこともあるとか。
筆者の車も人気車種でしたので、年式のわりには高く売れると思います、と担当者に言われました。
それでも買い換えるにはその倍以上のお金を用意しなくてはいけません。
損か得かで考えるのは金銭面だけではなくて、その後のリスクなども考慮すべきでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る