事故にあってしまった場合修理・廃棄どっちがお得?

修理か廃車かで悩んだら何を基準に判断すればいい?

>

修理をしてそのまま乗り続けたい

損傷部分の部品によって修理費は変わります

すべての事故が修理不可能というわけではありません。
その時の損傷具合で判断は変わってくるでしょうし、修理するだけでまた事故前と変わらない状態で走行できることもたくさんあります。
バンパーが取れたくらいであれば、交換という形で対応できます。
ただ、その時に必要になるのがやはりお金。
修理の箇所、損傷具合でかなり金額は変わってきますので、最初にざっと見積もってもらってから考えることになるでしょう。
詳しく検査すれば取り換える部分が多くて、新車と同額とまではいかなくても、かなり金額が張る場合もあります。
バンパー一本でも取り換えるには5~20万円と開きがありますし、その車種の部品が取り寄せ可能かどうかでも話は変わってきます。

判断するポイントはどこに?

最終的なポイントはフレーム部分の損傷があるかどうか、修理で賄える場合でもその部品は入手可能か、金額が買い替えとどれくらい差があるかなどを考慮して決定するということになるでしょう。
何よりも、任意保険は加入していると安心です。
金銭的な余裕、損傷部分、保険金の支給額、修理か廃車を選んだ場合のメリット、デメリットを日頃から十分に考えておく必要があります。
自動車保険も時折見直して、いざという時に保険金が支給されないという事態を避ける必要もありますし、車両の点検はいつも心がけておくというのもいいでしょう。
でも、せっかく気に入っている車を手放してしまうのはさみしいですし、なによりも事故を起こさないように安全運転を心がけていきたいものですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る